神戸セミナー

  • TEL.078-341-1897(月-金)9:00-21:00(土)9:00-17:00
  • お問い合わせ・資料請求
  • 地図
close

神戸セミナー > 神戸セミナーについて

学校案内

神戸セミナーは、ひと味違う予備校です。

神戸セミナーは、県立兵庫高校の英語教諭だった
故・村上雄蔵が1970年(昭和45年)に
私塾を始めたのが創業です。
その後1977年(昭和52年)に兵庫県知事の認可を受けて
学校法人となりました。
2つの校舎を所有しています。

職員は、個別指導、マンツーマン指導の担当者も
全て「予備校の集団授業の能力があるプロ講師」です。
面談や相談は、講師の中でもカウンセリングの研修を受けている
教員が対応します。

大学合格までの例

  • 鳥取大学 医学部医学科 合格担任の先生の紹介で入学。高校では体調を崩して通うことができなかった。もともと勉強することは嫌ではなく、マンツーマン指導を順調にやることで自己学習ができるようになった。1年目は惜しくも合格できなかったが、もう一年頑張って医学部に合格した。Yくん
    高校中退
  • 神戸大学 文学部 合格高校のころから、ときどき調子を崩すこともあった。卒業後、しばらくは自宅で勉強をしていたが、何をどうすればいいかわからなくなり相談に来た。学習マンツーマン指導で、担任が3週間に一度のペースで勉強のやり方や学習量を調整して、安心して勉強してもらった。Iさん
    県立高卒
  • 京都教育大学 教育学部 合格勉強のイメージが悪くストレスを感じていたので、できるだけ少ない量で学習を始める。高校のイベントにも積極的に参加。教師になりたいという具体的な目標がモチベーションになり、勉強や進路のことも前向きに考えられるようになってきた。野球部の監督になって甲子園に出場したいと夢を語っていた。Tくん
    松陰高校卒
  • 早稲田大学 創造理工学部 合格やるからにはとことん頑張りたいタイプ。完璧にやらないといけないと思って、ときどきしんどくなるときもあった。やることに優先順位をつけることで、順調に学習できるようになった。2年目は難関大を目指す受験生として頑張った。東京理科大学も合格。Iくん
    高校中退
  • 大阪大学 人間科学部 合格朝起きられず学校へ行けなかった。午前中の授業は“休んでもいい、受けれたら受けよう”という方針でスタート。環境を調整することで「授業に出れない」ということを気にせず勉強できるようになった。少しずつ自信を回復して、1年で志望校に合格。大学生になってからも、ときどき元気な顔を見せに来てくれる。Nくん
    高校中退
  • 神戸大学 医学部(保健) 合格県外から入学、下宿してから表情が明るくなったとお母様がおっしゃっていた。心に余裕ができたことで、進路や勉強のことも考えられるようになった。もともと能力は高く、勉強も頑張るタイプだ。2年かけて、元気に進学した。Iさん
    高校中退
  • 国際基督教大学 教養学部 合格はじめの半年は得意な現代文のマンツーマン指導だけ受講した。心配や不安なことがあれば、カウンセリングを申し込んでもらい思っていることを話してもらった。大学でやりたいことは何かと悩んだ末、国際基督教大学を志望校とした。カウンセリングを継続することで、安心して試験を受けに行ってもらった。Tくん
    松陰高校卒
  • 関西学院大学 社会学部 合格高校の先生の紹介で入学。神戸セミナーに入学後、まずは週1回から始め、少しずつ勉強の習慣をつけていった。慣れてくると、「勉強が楽しい」と思うようになる。頑張って関学を受験するが、現役時は不合格。他の大学に合格していたが進学せずに、もう一年勉強して見事関学に合格した。Tさん
    高校中退

関連団体

神戸セミナーの沿革